はじめての方へ

キャンピングカーの魅力

キャンピングカーはキャンプ専用車ではありません!あなたのレジャーや生活を思いっきり楽しくする「移動する部屋」なのです。

キャンピングカー最大の魅力は、自由気ままに旅行ができるところです。
専用の就寝スペース、ソファやキッチンが付いているので、移動から休憩、就寝までキャンピングカー1つでOK!エンジンを止めても使えるFFヒーターが装備されていれば、寒い夜も温かく過ごせます。

キャンピングカーは究極のRV。

RV=リクレーショナルヴィークル。つまり遊ぶための車です。キャンピングカーは、まさにRVと呼ぶにふさわしい、楽しく快適に遊ぶための設備がそろっているのです。

キャンプだけじゃない。使い道はいろいろ。

キャンピングカーが活躍するのは、何もキャンプ場だけではありません。スキーや温泉旅行など、まさに部屋が移動する為、楽しみ方はいろいろです。パーティーやカラオケルームに使ったり、移動オフィスにも利用できます。 現在全国に増えているキャンピングカーの停泊施設「RVパーク」を利用すれば、電源やトイレもあって便利です。

忙しい人だからこそ、キャンピングカー。

購入しても忙しくて、きっと遊びに行けない。そんな事はなく、そんな方こそ思い立ったら宿泊場所の予約なしに、すぐ行けるキャンピングカーがぴったり。事実、年2回の旅行が月2回になった方も多数おられます。

忙しい人だからこそ、キャンピングカー。

購入しても忙しくて、きっと遊びに行けない。そんな事はなく、そんな方こそ思い立ったら宿泊場所の予約なしに、すぐ行けるキャンピングカーがぴったり。事実、年2回の旅行が月2回になった方も多数おられます。

普通免許(AT限定)でOK

キャンピングカーの運転には大型免許などが必要かと思われている方も多いですが、国内メーカーのほとんどのキャンピングカーは普通自動車免許で運転することができます。

キャンピングカーのタイプ

「キャブコンタイプ」
キャンピングカーといって多くの方がイメージするのがこのキャブコンタイプではないでしょうか。立って歩ける高さを活かし、住みやすい空間を確保できるのがキャブコンタイプの特徴です。

「バンコンタイプ」
バンコンは外観にはあまり加工を加えずに、室内にソファや就寝スペースを確保し、走行性と居住性の両方を備えた、日本で1番売れているキャンピングカーのタイプです。

キャブコンの魅力

バンクベッド

バンクベッドとはキャブコンならではの運転席の上部のスペース。 荷物を置く収納スペースとしてや、就寝スペースとして使用できます。走行中の使用はできません。

ダイネット(後部座席)

ダイネットとは後部座席のソファなどで構成されるくつろげるスペース。テーブルは回転やスライドできる機構を採用するものが多い。
大人でも立って歩ける高さがあり、車内で快適に過ごせる空間を作っています。

ダリアベッド(就寝スペース)

キャブコンの魅力の一つでもある車内後方に位置する常設ベッド。テーブルやソファを展開する手間がなく、常時フラットなベッドでいつでも就寝スペースとして利用できます。
※車種によってはないものもあります。

充分な収納スペース

アウトドア等を楽しむ方などは大きな荷物なども積むことができます。 長期の旅行や出張などの荷物も収納できるスペースがございます。

キャブコンの注意点

車高が高い

キャブコンを運転する際に気を付けることとしては、普通車に比べ高さがあることです。 車高が高い為、立体駐車場に停めることができず、車幅なども加工している分大きくなっているので小回りはききにくなります。
運転の際には、車両サイズを確認した上で運転して下さい。

走行性と乗り心地

バンコンと比べると、車両サイズが大きい為、小回りがきかない。 乗り心地も高さがある分、走行中は揺れやすくなる為、強風などにはご注意ください。

バンコンの魅力

運転のしやすさ

バンコンの魅力は、キャブコンに比べると走行性と運転のしやすさがあげられます。乗用車のように街中でも運転することができます。
キャンピングカーの運転が不安の方や初心者にもオススメです。

乗り心地

走行中の揺れなどは通常の乗用車とそれほど変わらない為、乗用車としての乗り心地で旅行することができます。
停車すれば後部座席のソファや、ベッドで休憩することができます。